甘酒コスメ cosmetics


甘酒パック もちもちお肌を手に入れる


(干物まるの甘酒はキャップがついてとっても便利)

  • 綺麗に洗顔した後、甘酒を小さじ1/2ほど手に取り顔に塗り広げます。甘酒パックする量はこの程度で十分です。
  • 甘酒をまんべんなく塗り広げたら後はそのまま乾燥するのを待つだけ。(特に流れ落ちてくる事もないので立ったまま何か用事をしてても問題ありません。)
  • 甘酒は5分もしないうちに表面が乾いてきますが、皮膚がパリパリに引っ張られるツッパリ感は強くない為、お肌の弱い人でも刺激はありません。
  • 甘酒が乾燥したらあとは洗い流したらツルツルなお肌になります。その後はしっかりとお肌に水分をたっぷりと入れてあげましょう。
  • ここではシンプルにそのまま甘酒をお肌に塗る方法の紹介でしたがアレンジして、甘酒にハチミツを少量混ぜたり、バージンココナッツオイルを少量混ぜるなどすると更に良いですよ。

甘酒パックのステキなところ

美白

酒蔵の人達は手が綺麗というのは有名ですよね。甘酒の材料でもある麹には、シミや美白に効果的なコウジ酸が豊富に含まれているのです。甘酒に含まれるこのコウジ酸は、シミの原因となる過剰なメラニン生成を抑えてシミやくすみを防いでくれる効果があります。

 

ハリ

甘酒に含まれるパントテン酸は、ビタミンCの働きを助ける役割をしています。ビタミンCは、コラーゲンを作る際に必要なビタミン。このビタミンCの働きを助けることで、コラーゲンの生成が促されるだけでなく、紫外線ダメージからお肌を守ってくれます。また、甘酒にはアミノ酸がコラーゲンなどのタンパク質を作るのを助けるビオチンも含まれていて、健康的なハリのあるお肌作りに役立ちます。

 

乾燥

甘酒には9種類の必須アミノ酸が全て入っていて、乾燥肌対策にもとても効果的。私たちのお肌の表面「角質層」には、天然保湿因子(NMF)がありお肌の潤いを保っています。この天然保湿因子は、約40%がアミノ酸で作られているのです。

 


甘酒  アンチエイジングanti-ageing


甘酒アンチエイジングのステキなところ

頭皮

甘酒のコウジ酸には頭皮を若返らせて美しい髪をつくる効果があると言われています。また、ビオチンには皮膚や髪の毛を美しく健康に保つ働きがあります。ビオチンは美肌・美髪に必要なコラーゲンの生成にも関係が深いので、女性にとっては積極的に摂りたい栄養素の一つです。

 

肌質代謝

甘酒には脂質の代謝を促進するビタミンB群が豊富に含まれているので、脂肪が燃焼しやすくなる効果があります。

 

便秘

甘酒には麹由来の食物繊維やオリゴ糖が含まれていて、腸内環境を整えて腸の働きを良くする効果があり便秘が解消されます。便秘が解消されるとポッコリお腹もスッキリとして、さらには吹き出物の予防や改善にもなるそうです。

 

疲労回復

甘酒に含まれる豊富な栄養素の効果には、消化吸収を助ける消化酵素エネルギーを効率よく転換するビタミンB郡が豊富ですので、食事をした時に効率よく身体に栄養を取り込む事を助け、甘酒に大量に含まれているブドウ糖が回復を強力にサポートしてくれます。